【筋トレ好き必須サプリメント】亜鉛の効果と正しい摂り方

トレーニング

筋トレを始めると気になるのがサプリメント。

プロテインは何となく分かるけど、他にどんなサプリメントを飲んだらいいのか分からず困ってしまいますよね。

今回は筋トレ初級者から上級トレーニーでも愛用者が多い「亜鉛」の効果や正しい摂取方法についてご紹介いたします。

☑目次

  1. そもそも亜鉛とは?
  2. 筋トレ好きの皆様からの亜鉛に対する声
  3. 亜鉛が不足するとどうなる?
  4. 亜鉛の一般的な効果と、筋トレにおける効果は?
  5. 亜鉛の正しい摂取方法は?
  6. 約半年以上亜鉛を摂取している筆者の個人的感想

1.そもそも亜鉛とは?

亜鉛(Zn,Zink)は、たんぱく質の合成にかかわる酵素の材料として使われます。

100種類の酵素の活性に関与し、主に酵素の構造形成及び維持に必須です。

亜鉛の難点・ポイントは、亜鉛自体は人の体内で作ることができずすべて食事やサプリメントなどから経口摂取する必要があるという事です。

なので意図的に亜鉛を摂らないと体内で枯渇し様々な部分で影響がでてくるということです。

サプリメントでよく亜鉛が売られているのは簡易にかつしっかりと摂取するためなのです。

2.筋トレ好きの皆様からの亜鉛に対する声

さて、タイトルに「筋トレ好き必須サプリメント」と記載させていただきましたが、世の中の筋トレ好きの皆さんから亜鉛はどのように言われているのかtwitterで見てみましょう。

まずは筋トレ×副業でおなじみ、AKIOBLOGさん(@AAAKKKIIIOOO)

「活力ビンビンでパワフルに毎日を生きる3つの秘訣」のうちの1つが亜鉛という事です。非常に高い効果があるという事なのでしょう。

他にも筋トレが好きそうな方のツイートを見てみます。

このように筋トレ(筋肉)と亜鉛は切っても切れない縁であることが分かります。

皆様もぜひTwitterで「亜鉛 筋肉」「亜鉛 筋トレ」などで検索してみてください。

3.亜鉛が不足するとどうなる?

亜鉛は体内では、骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓に存在しています。
以下亜鉛が不足した場合の影響です。

  • 味覚障害
  • 貧血
  • 男女ともに性機能の低下(精力減退など)
  • 免疫機能の低下
  • 食欲不振
  • 筋肉生成の弱体化

が主な影響です。

過去に亜鉛が不足して一大事になった方はそう多くはないでしょう。

亜鉛は体内ではバランサー的な役割、縁の下の力持ち的存在です。

単体で何かを成し遂げることは少ないですが、亜鉛がないと成立しない体内での事象は非常に多いです。

亜鉛は摂取できているかそうでないか簡単には判別しづらい栄養素です。 日頃から食事やサプリメントでの摂取を心掛け気を付けていきたいところです。

4.亜鉛の一般的な効果と、筋トレにおける効果は?

このパートでは亜鉛がもたらす効果を「一般的な効果」と「筋トレにおける効果」とに分けて書いていきたいと思います

☑一般的な効果

・正常な味覚形成


味蕾と呼ばれる、味覚を正常に作用させる機能があるのですが、そこの細胞は他の細胞と比べて早いスピードで細胞の活性化がなされているようです。その細胞活性の際に亜鉛が必要不可欠になります。

・性機能の改善、維持


男性の場合前立腺と精子に亜鉛が多く存在しています。精子の生成には必要不可欠で、性機能の改善も促されます。よく「亜鉛」と検索すると性機能改善を謳う男性向けの広告が出てくるのはそのためです。 女性の場合は無月経を抑止する効果もあると一部では言われています。

・免疫機能を助ける作用


亜鉛には、粘膜を保護するビタミンAを体内に維持する効果があるほか、病気を攻撃する白血球にも含まれているため病気やけがの早期回復への作用もあるようです。 そのほか髪や皮膚の健康を保つ作用や、たんぱく質と合わさり全身の新陳代謝の活性を促す作用もあるようです。特に成長期のお子様や妊娠中・授乳期の女性の方は十分に摂取することで効果を感じやすいようです。

☑筋トレにおける効果

・男性ホルモンであるテストステロン生成の一助になる

筋トレにおける亜鉛摂取の最大にして唯一の効果と言えるのではないでしょうか。

男性に筋肉が付きやすく女性に筋肉が付きにくいのは、男性ホルモンの分泌量の差です。読んで字のごとく、男性ホルモンは比較的男性に多いです。

男性ホルモンは筋肉合成に必要不可欠なため、これが多い人ほど筋肉がより作られます。

その男性ホルモンの代表格がテストステロンです。

テストステロンはコレステロールを原料とし成り立っていますが、食事で体内に取り込まれたコレステロールが、睡眠や休息中にテストステロンに変わるというメカニズムです。

そのテストステロンが生成されるタイミングで亜鉛が利用されます。(ほかにもたんぱく質なども利用されます。)

亜鉛が不足している状態では上手くテストステロンが生成されませんので、結果的に筋トレをしても上手く筋肉合成が進まない、筋肉が付かないという事になります。

5.亜鉛の正しい摂取方法は?

さて、亜鉛はどのように摂取するのが良いのでしょうか。

今現在筆者が摂取している亜鉛サプリメントの容器の裏にはこのように記載があります。

For best results consume on an empty stomach, 30 to 60 minutes before bedtime.

日本語に直すと

最も良い結果の為に、就寝前30~60分前に空腹状態で摂取してください。

一つ前のパートでご紹介したように、亜鉛は睡眠中・休息中に体内で男性ホルモン生成の一助になります。

そのためか、就寝前の摂取が推奨されています。

6.約半年以上亜鉛を摂取している筆者の個人的感想

ここからは余談です。

筆者が半年間亜鉛を摂取してみての個人的感想を書いていきます。

まず筆者が亜鉛を摂取するようになった理由は筋トレの効果を最大限高めたいと思ったからです。

数年前から筋トレをしておりプロテインは飲んでいましたが、

「他の筋トレ好きな方は何を飲んでいるんだろう」

と疑問に思い調べたところ亜鉛に出会い摂取を始めました。

私は約3か月「亜鉛+マグネシウム」のサプリメント、次の3か月で「亜鉛単体」のサプリメントを摂取し違いを体感してみました。

感じている主な効果は3つです。

  1. 髪や肌の調子が良くなった。
  2. 性機能が元気
  3. 筋肉が付きやすくなった

1.髪や肌の調子が良くなった。

以前からプロテインを飲んでいるため髪や肌の原料になるタンパク質摂取は十分だったかもしれませんが、亜鉛が加わることでより調子が良くなったと感じます。

この点は男性よりも女性の方が違いを実感してもらえるかと思うので、女性の方にはぜひ体感してもらいたいです。

2.性機能が元気。

これは特に「亜鉛+マグネシウム」のサプリメントを摂取していた時です。

朝はほぼ毎日自分も”息子”も元気でした。これはけっこう驚きました。

巷で謳われているように、亜鉛が性機能の改善に効果があるというのはウソではないようです。

今の「亜鉛単体」のサプリメントが終了したら、もう一度「亜鉛+マグネシウム」のサプリメントに戻してみてその比較を検証してみたいと思います。

3.筋肉が付きやすくなった。

これはトレーニング方法や食事面での改善も含まれているので、一概に亜鉛だけの効果かは正直分かりません。

しかし以前と比べると明らかに体は大きくなりまたし(体重で言うと+3kg)、ぱっと見の体格もとてもよくなりました。

筋肉が付くことに加え、筋肉がしぼむスピードが遅くなったように感じます。

以上今回の内容はいかがでしたでしょうか。

少しでも皆様の役に立てば幸いです。